木曜時代劇「ちかえもん」は楽しい。

これまたドラマチェアマン「エミさん」から紹介されたドラマ。
NHKを見ない。ドラマを見ない。こんな二重苦のぼくら夫婦。彼女の紹介がなかったらきっと見てない。

ドラマのスタッフがいいらしいんだけど、それはよく知らないのでエミさんの記事を読んでみて。

大筋は人形浄瑠璃の大家「近松門左衛門」が「曽根崎心中」を書き上げるまでの話。

50歳のやもめ近松門左衛門を松尾スズキがやってんだけど、ほんとにすばらしい。
昭和のテレビドラマのように

  • 口から出る言葉
  • 心の中の言葉

この掛け合いがすごい楽しい。まるでちびまるこちゃんの「友蔵・心の俳句」のようにスタンダードなかおり。

昭和の名曲の替え歌のつかわれかたとか。

 

もちろんフィクションなので、夢物語なんだけど、心情がリアル。50歳のちかえもんと同い年のぼく。

  • もうひと花咲かせたい
  • もてたい
  • 世間をあっといわせてやる!
  • 昔はいろいろできたのに・・・スランプ・・・

染みるでしょ(笑)同世代のみんな。

遊郭でもいちばんリーズナブルなお部屋で、お茶挽きの年増に愚痴をこぼす日々。

泣けてくるでしょ(笑)

※まあ、この年増というのがすばらしくカワイイ優花なんだけどね。そこはほら、ドラマだから(笑)

ちかえもん

 

傑作をどんどん書き続けていたんだけど、同じような展開の浄瑠璃ばかりで、この頃は客足がぱたんと減った。パトロンの商屋の二代目からは「もうそんな下らんものに金はださん」などといわれる。

  • ご機嫌を損ねないように気を使う自分
  • 熱くて純真な作家としての自分

口から出るおべんちゃらと、内なる声。

 

もう、人生なんてこの二つでほとんどできてるよね。

 

元ももクロのあかりんが、肉感的なぷりんぷりんの遊女をやってるんだけど、あのボリューム感はすばらしい。あかりんいい映画にも恵まれてるし、ほんと良かった。安心する。

彼女のもってる「舶来」な感じ、絶対ピッタリの役が、あと少しで回ってくるはず。期待してよう。

あかりん

 

あと、小池徹平。

かわいらしい顔で損してるなあ~と、ジャニーズの人たちをみてていつも思うんだけど、彼もそう。
でもね、この役は複雑な心情(恐れ・ねたみ・恋心・空元気など)を、ドラマらしくわかりやすく提供してる。すこし過剰な演技が時代劇にはぴったり。

どうやったってフィクションだもんね。

 

哀愁もサスペンスも人情もお笑いも。
すべてが素晴らしいバランスで書かれてる。

キャストもなんか、「すっぽりはまってる感」が、すごい。
なかなかないよね。
どっかにバーター感があったり、ギャランティ感があったり(笑)
でも、ちかえもんのキャストは、ぴしゃり。

悪役は悪役らしく。
ヒロインは美しく。(桶屋の女将さんの高岡早紀が大好き)
笑わせ、泣かせ。

永遠の名作にはならないかもしれないけど。
ドラマ鑑賞後の気分がとてもいいよ。

ハードディスクにしばらく残りそう。

みんな

 

  • ちかえもん
  • わたしを離さないで

この二つをメインにみてるんだけど、あまりの落差にクラクラするよ(笑)





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed