ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール:感想【ポップで明るい汚れた血】ベル&セバスチャンの世界そのまんま

洋楽オタクが泣いて喜ぶカレッジポップスバンド「ベル&セバスチャン」のスチュアートが撮った映画。監督デビューらしい。

ベルセバ。大好きなんだけど、ベルセバ大好き!っていうタイプの音楽ファンはちょい苦手でもある。

爽やかで毒っぽくて知的でユーモラス。エバーグリーンなサウンドでアマチュアぽさとプロぽさが混ざり合った濃密な世界。

たまらない。たまらなく好き。おしゃれな音楽。モテそうな音楽で、やってると実は持てない(笑)

godhelp

この映画。
女の子とバンドやってみたい!って純朴な男子に思わせてしまう破壊力がたっぷり。
で、実際大変な雰囲気もさわりだけちゃんと入れてるし。

永遠に世の中に不平不満をこぼし続ける男子と
楽しそうだからやっちゃお(でも恋の方が大事かも)(飽きたらやーめよ)
この辺の書き方がリアルすぎて笑える。

そうだそうだ、そうだよな。

godhelp

もうちょっと悲惨な面が出るかな?と思ったけど。
ミュージックビデオのようにかわいい。

それ以外の部分が弱く、それがずっと、何度も見てみたい映画にしてる。

ベルセバの過去のアルバムの曲もいい味。
本当にポップオタクだな。C-E7の切なさに包まれる。
くどさとか、現実との折り合いとか、ドラマとリアルを結ぶ橋がほとんどかかってなくて。説教くさいところが皆無。

可愛くておしゃれで素敵なことなら、なんだってやってみたい
そんな気になる。50のおっさんでさえ。

cover

曲がいいのはあたりまえなところに、魅力的なメンタル乱高下の女の子がボーカル。
これ以上のハピネス感はないだろう。
それにスコットランドの自然とミニスカート。
カヤックデート。メンバー募集チラシ。
バンドマンズドリーム。100%濃縮還元。

多少はジェラシー、セックス、ドラッグ、心療なんてのも関わってくるけどね。

イントロでいきなり歌い出すシーンで、もう完全にそっちの世界へ持って行かれる。
そこで乗れない人には「ワケワカンナイ皮かむり映画」だと思う。

心のベスト10とかには入らないけど、何年もトップ20くらいに入り続ける映画。
一度、バンドをやったことのある人。おじちゃんおばちゃん。
胸の奥にある♪に、水を差してみない?

 

poster

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed