《E》 先輩と

大学2年の秋
学部の友達と学祭のスポーツ大会でソフトボールに出る事になった

友達のサークルと練習試合をやって、そのサークルの先輩と仲良くなった
そして飲みに誘われ、家に行った
本当に面白い先輩で、ただただ朝まで飲み明かした
翌日朝からバスケの予定があったので、そのまま寝ずに行こうと思ったが、最後の最後で先輩に一時間だけ仮眠を取ろうと言われた
なにその提案と思ったが、目覚ましをかけて一時間だけ寝ることにした

 

何事もなく普通に一時間だけ寝た
目覚ましが鳴り、止めようと上体を起こそうとしたその時

抱きつかれた

なになに寝ぼけてるの?
どうしていいか分からなくなって寝たふりをしてみた
鳴り続ける目覚まし
てゆうかバスケ遅刻するし

 

30分ほどたった頃だろうか
意を決して起き上がった
そのまま何事もなかったかのように先輩は駅まで送ってくれた
そんな中途半端な事されるとちょっと気になるまだまだ少し純粋な私

PAK86_dakiyoseru215182313500-thumb-815xauto-12327

ある日先輩の家で開催される鍋パに誘われた
6人くらいでワイワイ盛り上がり
終盤に差し掛かった頃、先輩は和室で寝てしまった
そろそろお開きかとゆう時、私もベッドでいつの間にか寝ていた
とゆうかあえて寝たんだと思う
他の人たちは私を置いて帰っていった

 

なんなら狙い通りの展開だった
この前のは何だったのかを確かめたかった
和室で寝ていた先輩はベッドに入ってきた

そして普通に襲われた

むしろこの前は何で襲わなかったのかが謎なくらい普通に襲われた
先輩として割と好きだったから拒否しなかったけど
付き合う前にヤっちゃったらどうなるか、その頃はもう学んでた

 

ああ、結局セフレか

 

 

なんとなく先輩にがっかりした
受け入れてしまった自分の事は棚に置いて
がっかりした





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら






Comments are closed