オバちゃん・イズ・ホスピタリティクイーン:格安の宿で感じたおもてなし

妻の誕生日。
去年は盛大にやったんだけど、今年はまったく予算なし。
食事に行ってちょっとしたプレゼントするのも、いまひとつピンと来ない。

なら、格安宿を探そう!

ネットは便利。いろいろ見つかる。
50歳以上が一人でもいれば割引プラン!一泊二食7300円というプラン見つけた。
ま、はずれの温泉地だし、ご飯もま、そこそこでいいや。
温泉あれば、いいや。家族湯なくても。

お昼にゆったりとぶらぶらして、夕方5時過ぎにはホテルに到着。

大高原!という名前なんだけど、びっくりするくらい古い外観。
駐車場もあいてなくてあわあわ。
立ち寄り湯やってるのか~こんなへんぴなところで。

 

みやさん、かなりテンションダウン。
でもさーふたりで15000円なんだからねー。

チェックインのあと、おばちゃんがお部屋に通してくれる。
すごく笑ってる。

ちっちゃくてふくよかなおばあちゃん。

いろいろ間違えながら説明したり、温泉の名前が思い出せなかったりで。楽しい。
「ありゃ~また忘れてしもた。ハッハッハ」

「あ、浴衣のサイズ合わせてみるね。ちょっと立ってみて」

「え?あ、はい」

おばちゃんは僕と背比べ

「あらーいいねえこげな背が高かったら。うちの旦那とか、わたしとおなじくらいのちんちくりんよ。ハッハッハ」

50年以上生きてきて「背が高い」っていわれたの初めてだよ(笑)

「奥さんはわたしと同じくらいやね。あら?これ『中サイズ』やわ。これやったらちょっと折らんといかん。『小』に変えてくるね。ハッハッハ」

「あら~スタイルのよか~。このスカートもよかね~ハッハッハ」
僕は大爆笑・妻は苦笑。

「わたしなんか子供にも孫にも『やせれ~やせれ~』て言われとるけどね~ここの肉のやりどころがないんよね~~ハッハッハ」

なぞのミレー「落穂ひろい」

なぞのミレー「落穂ひろい」

 

とにかく、笑う。ほんとに。
こっちがあっけに取られるほど。「幸せの伝染」だ。
そのあとも、ご飯の時間をきいてくれるんだけど

「そのまえに、どうしてもお腹減ったら、フロントに電話してくれたら、すぐ用意するからね~。ガマンせんでいいよ。ハッハッハ」

とか

「荷物は部屋の金庫でも、食堂にもってきてもらってもいいけんね。椅子の上においたんなら、チラッと確認しとってね。取らんけどね。ハッハッハ。食事のしたくでそれどころじゃないけんハッハッハ。」

涙が出るよ。
おかしくて笑いが出て涙がでるんだけど、なんかしみじみして泣けるんよ。年取ったんかな?

きれいなお部屋

きれいなお部屋

 

そうはいってもご飯はお肉もおさしみも、たっぷり。

IMG_7831 IMG_7832

 

おまけに家族風呂も大浴場も露天風呂もある。日曜日の夜だからか、ほとんど誰とも会わず。貸し切り状態。きもちいい~

夜にも朝にもはいった。朝湯最高やね。

IMG_7838

 

ホスピタリティって、重要なワード。
それって、でも、施設だったり、しぐさや言葉遣いだったり、かゆいところに手が届くサービスとかいわれるけど、ちょっとやりすぎだなあと思う時がある。
高いお金を払ってわがままを言う。
そんなわがままに応える。それこそがプロみたいな。

なんか違和感がある。
でも、このホテル(?)みたいに

気にしてくれてる感(気を使ってくれてる感とは違う)を感じれるのはほんと、うれしい。
お客さんも、従業員も対等だと思うんよね。
旅行者は部屋をよごさないようにすることが大切だし。
おたがいさま、だと思うんだ。

お金をあげるほうがえらい。なんてことはないよね。お金は通貨なだけ。代わりにやってもらうときのための通貨。

まあ、ぼくみたいな年中ひーひー言ってる人が言っても説得力はないけどね。ハッハッハ。

とても気持ちのいいおばちゃんのおかげで、すごくすてきな誕生日になった。

IMG_7836





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed