2016年4月14日の熊本震源の地震についての短い記事

夜。
ヒステリックな警告音が妻のスマホからなる。妻は入浴中。

その数秒後(?)

ガタガタガタガタと横揺れが。結構長い。

 

うちは丘の上の11階建てのマンションの9階。かなり横に引っ張られるゆれ。
ねこはあっというまにちゃぶ台の下にもぐりこんだ。

 

TVのニュースから得た情報。ツイートやFBから得る情報。
熊本はひどいようだ。

震源が浅く、余震がつづく。

がたがたがた。天井からつるしたランプがずっと揺れている。
次々とスマホで安否確認と、状況がはいってくる。こんなときスマホはありがたい。ほんとうにすごい。

 

夜のうちは、きっと何もわからない。
ねむれず朝をむかえTVをつけると亡くなった方がいるようだ。つらい。ほんとうに。

dilapidated-983952_640

 

九州に大きな地震があったのはいつだったろうか?あのときと同じくらいの揺れが熊本にはあったようだ。
記憶は恐怖を呼び覚ます。あの、どうにもならなかった日を。

 

でも、忘れちゃいけない。冷静でいなければ。
慎重にならなければ。

TVのヒステリックな「現場からの中継」や、専門家たちのコメント、政治家たちのコメント。
慎重に聞かなければ。
恐怖に流されないように。そして、なにより無事で。

あのときの地震でほんとうに恐かったのは、ひび割れたマンションや廊下じゃなくて「もうだめかもしれない」という絶望と「もうどうでもいいや」っていう諦めだった。

 

川内原発異常なし!元気に運転中!玄海原発異常なし!
ぼくらのエネルギー異常なし!

ずっとテロップで流れ続ける。

 

来るかどうかわからない天災のために配慮することは必要とは思わないという判断を下したばっかりの僕たちへのカウンターパンチ。

毎日どこかで確実に地震はおきてる。

 

昨日が自分の近所じゃなかっただけで、明日もそうとは限らない。

 

どうかみんな、無事で。

buildings-690696_640





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed