重版出来!を見てなぜオッチャンは泣いたのか?

わたしを離さないで~ちかえもんロスからの立ち直り。

ドラマ見るものがないな~と思ってたところに「ラブソング」藤原さくらに頬を張られて目がさめて。

第一話を見過ごしてた「重版出来」を見た。
(わたしを離さないでも、ちかえもんも、第一話は放送時見過ごしたんだ)
妻が飲み会の一人の夜に。

よかった。一人のときで。
目が晴れ上がって変な声が出る奇病にかかってるようだ。(つまり涙もろいのだ)

 

 

20代のはじめ。僕は東京で「駆け出す前のデザイナー」みたいなものだった。
入った会社は出版社関係にも顔が広く、マガジンハウスの編集部におつかいにいったりしたものだ。マンガ雑誌の版下貼りのバイトもしたな~。

 

業界の人をゴールデン街でトマトジュースを飲みながら観察してた。
広告も出版もイケイケだった時代。

やる気に満ちた、野望に満ちた人ばかりだったし、口先だけの人も多かった。

 

 

厳しく指導してくれる写植やさんとか(指示が下手だ!っていって怒られてた。こっちはお客さんなのに(笑))。20代の最初に「すげえ大人達」を目の当たりにしたのはラッキーだった。

 

で、重版出来だ。

こうすれば人に好かれる!という典型の黒木華さんはいいとして、迷える男の子が僕を泣かす。
やる気スイッチがみつからないときの苦悩。
かっこよすぎる上司。
大人が見せるべきものは「仕事の手段と情熱」だ。
熱を持ってドアを叩けば、開く。そんなお話。

黒木華はリップヴァンウインクルとはまったくちがい、気持ちよさそうに演技してる。
だれもが彼女の役を好きにはならないだろうが。

「ああ、仕事うまくいかないな。毎日憂鬱だな」と思ってる人は
彼女をまねればいい。まずはそれから。

 

裏切りや人間を信じたくなくなるドラマ(倍返しだ!とかね)ばっかりTVから流れてるとげんなりする。たとえそれが現実でも。

この重版出来でえがかれてるのはファンタジーかもしれん。
もうなくなってしまった「活気」や「かっこいいこと」かもしれん。
でも、こういう厚いドラマ(熱い、だけじゃないってこと)がいま必要だとおもうんよ。
マンガ原作だからかもしれないけど、時流を感じるんよ。

 

めんばー

 

役者の力に頼るでもなく。
キャラクターの力だけに頼るでもなく。
ストーリーが転がって行くのが気持ちがいい。

それほど憧れられるジャンルではないだろう仕事の、「仕事をする喜び(苦悩とセット)」がかかれてるから、うれしくなる。知らないことも憶えられるし。

自分の知らない仕事の現場をしりたいなあと思う。

 

お医者さんや弁護士やヒーローだらけの業界モノを見すぎると

 

「現実とTVは違うんだ」

 

と思ってしまうけど、どの仕事にもドラマがあり、盛り上がりがあり、ゴミ箱をけとばす瞬間がある。

それは51歳になったおっちゃんも同じだ。

仕事で悩み、がっくりし。
でも「おおおおお!」って瞬間もある。美人OLもライバルもいない一人社長だけど、いやなことたっくさんあるけどね。

役者さんやスタッフの名前は知らないんだけど、「重版出来」見たほうがいい。ナマセさんのかっこよさは卑怯だよ。おっさんがかっこいいドラマはなんか嬉しいよ。

ぼくも仕事でグズグズいわず、若い人に「仕事ってたのしい!」って思わせられるオッチャンにならなくては!

人生は楽しそうとは、思わせられてるかもね(笑)

重版出来





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed