がんばれ熊本チャリティー投げ銭ライブ第一夜@キャバーンビートに参加して

僕たちに何ができるのか。何もできないことになぜ罪悪感を感じるのか。
人が苦しんでいる時に楽しんでていいのか。

それぞれの毎日をきちんと生きる。
答えはそこにある。

この日は一人情熱大陸「高橋プランクトン」とがっつりやった。

彼の燃えあがる歌とギターにガソリンをまいたり、水をまいたり。
自分一人じゃなく、誰かと、何かができる。
この喜びをずっと、全力で求めたい。

13151543_852340501544976_2174480616878432551_n

 

地震があって
この企画があって
考えてて
言うべき言葉は何か
考えてる時も地面は揺れてて
危うい日常の上に生活をどっかと置いてるんだなと思った。
何をどう歌うか。
伝えるか迷っていた時に「中島みゆきさんのファイト!」という歌を思い出した。
この歌を使わせてもらおうと思った。

客席に熊本の盟友が来てくれてて、泣きそうだったけど。

言いたい言葉を全部詰めて、歌った。

 

雨上がりに虹がかかる そんなことさえ忘れてた
濡れるのが楽しくて かさを放り投げて遊んだ日
空から降る雨粒を 大きく口を開けてまつ
まるでそこに幸運のカギがまぎれてるかのように

大きな声で笑う人 それを恐がる人もいる
まぶしすぎる照明で 照らされた人のくろい影
何事もなければいいと ただただ身を潜め
きっと聞いてはもらえないと 思いながら祈ってる

祈りなんかなんになる 自己満足で泣くんじゃない
責められて嫌になる日 大地はまだ揺れている
怒りは思考をとめて 無力感をしきつめて
絶望とあきらめを 安らぎと勘違いする

うすっぺらい液晶画面が映し出すがれきのやま
50をこえた僕の腕力では 木の一本も動かせやしない
自分にできることを ただただやるだけだ
そう言い聞かせてはいても やっぱり言い訳に聞こえるんだ

世界のどこかでいつも 苦しみが生まれていて
たまたま今日はとなりまち 明日はどの町だろう
自分に起こらなかった悲劇が 他の誰を苦しめるから
この手は誰かのためにある その手も誰かのために

ひどい目にあってる友よ 今は何もできないが
少し落ち着いたら いっぱいおごらせてくれないか
壊れるのは一瞬で 組上げに終わりはない
一日も早くと願いながら 明るい歌を探してる

ファイト
戦う君の歌を戦わない奴等が笑うだろう
ファイト
冷たい水の中を転げながら走っていこうぜ

 

この日は10組のアーティストが。
その中からふた組のライブレポートを書きました。
そちらも読んでいただけると嬉しい。

 

 

そして高橋プランクトンと一緒に。
ギターで入ってもらえるなんて嬉しい。

いつもバックで弾いてるんだけど、すごく新鮮。

 

僕のソロアルバムも4枚ほど売れた。
4000円が義援金になった。
音楽をやっててよかった。

キャバーンビートの町田さんに感謝します。
僕に立つ場所をくれて本当にありがとう。

最年長者としてこれからもしぶとく生き延びます





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed