生きるということ

こんにちは。またまた少しご無沙汰してます。松永美咲です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先月末に、高校の同級生を亡くしました。
同じ演劇部の仲間で、卒業しても皆で集まったり二人で遊んだりしていた、仲のいい友だちでした。

知らせを聞いた時は、とにかく信じられないという気持ちでいっぱいで、通夜に行っても、葬式へ行っても、冷たくなった頬を触っても、たくさん泣いても、そして一カ月近く経った今でも、まだ彼女が亡くなった実感が湧きません。

普通に仕事へも行っていますし、楽しいこともたくさんあります。だけどふとした瞬間に彼女のことを思い出し、たまらない気持ちになります。

彼女は働き者でとても忙しい生活を送っていました。起きている時間のほとんどは労働していたのではないかと思います。

私たちに与えられている時間は無限ではありません。ある日突然、死んでしまうかもしれません。家族や友だちを残して。

今回のことで、私は改めて、自分の時間を大切にしようと思いました。

後悔しない人生を生きる、なんてことは無理なことかもしれません。
だけどせめて、自分の大切な人たちと一緒にいる時間は大切にしたい。「労働」に時間を奪われてはいけない。と思っています。

この一カ月、ずっと「生きるというについて考えてきました。答えは出ません。だけどこれからも考えていくのだろうと思います。

IMG_20160502_145346





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed