誰かとつくる音楽。えとぴりかと一緒に演奏した日。

今年の四月か、キャバーンビートで「えとぴりか」という女性シンガーを見た。
町田さんのイチオシだったから楽しみにしてた。
>>彼女のライブレポはこちら

福岡には20代の女性アーティストが多い。個性的な人から王道まで。
ギター弾き語りってほんとに難しくて、その辺苦労してる人も多い気がする。

個人的な話だけど、歌について

  1. 1番えらいのは「歌詞」
  2. 歌詞をじゃましないメロディー、歌詞を増幅させるメロディーが大事
  3. メロディーをじゃましない伴奏(演奏)が必須

だと思ってる。

もちろん歌が聞こえないギターなんて、演奏なんてなんの意味があるのかな?と思う。
爆音でなってる演奏でも考えられたものはきちんと歌がきこえる。
ギター一本でも、歌をじゃまするときがある。

 

えとぴりかのギターはベーシックで、歌をじゃませず。
シンプルなメロディーにきちんと歌詞をのっけて歌ってるのが印象的だった。
そして、歌詞と声のマッチ感もよかった。
言葉数と、メロディーの相性も好き。

そうなると、色付けをしたくなるんだよね~。一人で出来上がってる弾き語りアーティストの演奏を、さらに広げてみたくなる。

そう思ったら、最近の僕はぐいぐいいく。だってさ、人間いつどうなるかわかんないんだよ(笑)
「今度、バックで演奏させてくれない?」とお願いした。SNSで。
いいですよ~という返事はもらえたけど、相手はもう人気も実力もあるシンガー。ここで「じゃ~今度いつか」なんて返事をしたら、絶対話は流れちゃう。そう確信してた。

だからライブの日程をきいて、やりたい曲を言って。OKをもらうだけにした。
むこうは僕の演奏を聞いたことはないし、あったことも二回くらいなのに(笑)強引!

練習する時間はなかったけど、僕は彼女のyoutubeをみて、ライブを見て、音源をきいて練習し、イメトレした。
そしてきのう、いよいよ一緒に演奏することに。

楽屋であわせてみる。リハで少しだけあわせてみる。えとぴりかは不安だったかもしれないけど、絶対うまくいくと思っていた。彼女の歌に潜む「苦味」「痛み」がとても僕の心に共鳴するものだったから。

 

ライブはとても楽しくできた。ただ、キャバーンビートで借りたギターはものすごい手ごわい奴で、コントロールが大変だったけど。指がひりひりしてる。僕のヤイリギターはほんとに扱いやすいやつなんだな。ごめんね浮気して(笑)

きいていただいた皆さんの評判も上々だったよう。
うれしかった。
結構がんばったんだよ(笑)
また誘ってもらえることを願ってることを公にする(笑)

IMG_9569

 

自分のスタイルをかたくなに守って、何年も同じことを深く追求するひともいる。
そんな人に僕はなれない。
深みが出ない分、カラフルにはなる。相手の音に反応して、最適な音を返す。歌の力を倍増させるようなギターを。

ぼくはギターが大好きだ。

弾き語りのみなさん!
一緒にやりませんか?、僕に新しい色をください。

 

あと、弾き語りをやってるけど、自分のギタープレイにいまひとつぴんときてない人に、「弾き語りでうまく聞こえる簡単なテクニック」教室なんかもやっていきたいと思ってます(ま、要望があればね。まったく声がかからないなんてことも多々あるはず)





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed