八の〇うどん*夜のコースは酒持込自由!

小倉北区片野にある八の〇(やのまる)うどんさん。
とても元気な店長さんや、やさしい店員さんたちでとても感じのよいお店で、
ふわもちなうどんと、やさしいおだしがとっても美味しくて、ランチで何度か利用させていただいたのですが
ある日レジ横にこんな貼り紙を発見!
「夜の予約受け付けます!お酒などの持ち込みは自由です」
「ヤリイカや魚などは当店の船でスタッフが釣ってくる釣りものです」
酒持込み自由!?
当店の船!?
気になりすぎるー!!!
うどん屋さんなんですが、そういえばうどんだけではなく、天丼やまぐろ丼もとっても豪華で美味しくて、うどんに入っているわかめもシャキシャキ厚みと歯ごたえのある生わかめなのが凄いなーと思っていたので、確かにお魚系は期待できそう!
ということで、早速予約をして行って来ました。
お一人3,600円~ということだったので、3,600円のコースでお願いしました。
内容はおまかせしたので、何が出てくるかはお楽しみ!
苦手な食べ物がないかのみ聞かれました。苦手なもの、ないです!!

 

yanomaru01

yanomaru02
まずはお刺身盛り合わせ。そしてビール!
酒持込自由ということで、缶ビールを買って入ってもよかったのですが、生ビールはお店にあるということだったので生ビールを注文しました。
お刺身は、なかなかの品数ですよ。特にまぐろとカンパチ?が美味しかったー!
yanomaru03いかの活き造り!
見てこの透明感。きれいな目をしているでしょう・・!
勿論、まだ動いておられました。まさかここでこんなの食べれるなんて!
添えられてるわかめは、うどんに入ってるのと同じ生わかめで、嬉しい!
yanomaru04脚などの部分はてんぷらにしてもらいました。二度おいC!
(てんぷらと塩焼きが選べるそうです)

yanomaru05あらかぶのから揚げ!(ひとり1尾出てきた!)
本能のままにガブリ!旨すぎて小骨やヒレまでバリバリいっちゃいました。
いや、むしろヒレが美味しかった(笑)香ばしくて。
残してる部分がほとんどなくてちょっと恥ずかしかったほど。
yanomaru06茶碗蒸し。鶏肉やイカが入っていました!
あと、撮りわすれましたがサラダも出てきました。
yanomaru07ここで焼酎の登場。
持ち込み自由ってことだったので、家にあったパックをそのまま持ってきました(笑)
向いがローソンさんなので、そこで買って入っても良いかもですね。
グラスや氷、水はお店でご準備してくださいました。ありがたや…
しかし酒持込自由って凄いよね・・気前良すぎです。
yanomaru08そして、これが、事件でした!アコウのしゃぶしゃぶ!
しかも、釣りもののアコウだそうです。結構高級な品なのでは・・?
「当店の船」で釣ってこられたのでしょうか!!
おさしみでも美味しそうな美しさですが
yanomaru09ぜいたくにしゃぶしゃぶ~!
身がしゃきっとしてて絶品でした。

yanomaru10そして〆のうどん。
うどん屋さんですから、その辺の居酒屋さんで出てくる麺とはまったく違って、抜群の美味しさです。
当たり前ですが、こんなに美味しい〆のうどんは初めて食べました(笑)。
おさかなのお出汁もおいしすぎて、うどんおかわり致しました。
yanomaru11さざえの炊き込みご飯。
うどんもおかわりして、ごはんもがっつりと。だって美味しかったんやもん・・
更にデザートにわらびもちも出てきました。
うどん屋さんのメニューにもあるわらびもちなんですが、一段とやわらかくてとろける美味しさなんです。
そんなかんじで。
とても良心的なお値段で豪華か食事ができて幸せでした。
しかも、何度も言いますが、酒持込自由というのが・・。酒飲み的には魅力的すぎますよね!!
私たちのほかにも、常連さんとおぼしき方々でにぎわっていました。
メニューは、季節やその時にあるお魚で変わるのだと思いますが、おそらくリクエストもできるのだと思います。
ふつうのうどん屋さんメニューもとても美味しいのでぜひおためしください。
ではでは・・





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed