ゆめみるきかい の旅(無倣舎)

無倣舎の作品「ゆめみるきかい」に出演しました。

IMG_9968

3月くらいから稽古を初めて、
5月に福岡で箱崎水族館喫茶室でプレ公演、
5月に演劇祭のワークショップ&シンポジウム&交流会
6月始めに広島のアステールプラザで開催の広島演劇祭参加作品として3日間上演、
そんで先週末に福岡のFUCAで2日間。

3ヶ月間の出来事だけど、2回広島に行き、プレも含め3回公演し、なんだか、濃密すぎて遠い過去みたいだ。
もともと「プレイバックシアター」と言って、お客さんがしゃべった事を即興で劇にする、演劇の手法の1つがあって、
無倣舎主宰の五味さんは、それを元にして2011年から作品を継続的に作ってて、過去には香港で上演したり、中洲で毎月連続上演を行ったり。
で、今回私は新しい出演者として、参加させてもらえる運びとなったのだ。

「シンガポールの歴史資料館に行って、日本から侵略された歴史の部屋をみて、何も知らなかった自分にショックだったけれど、現地の友人は一言『もう、終わった事なんだ』と言った」

この出来事が、彼の中で「ゆめみるきかい」という作品を作る事になったきっかけの1つ、だそうだ。

プレイバックシアターは、基本的に過去の出来事の具現化なのだけど、
今回、「戦後100年」という未来をどう迎えるのか・・・というテーマがあって、
プレイバックシアターからは少し離れて、未来、
「この人たちはこの先どうなると思いますか?」
を、即興で演じるシーンが多かった。

過去、現在、未来、はつながっていて、その一瞬一瞬の判断で、過去の意味合いも、未来の可能性も変わっていく・・・

・・・なんて事は今落ち着いてから文章書いていて整理されてきた事で、
お客様の過去を即興で演じる事は、自分の過去と向き合う事でもあったりして、それは苦しかったり、
どう表現したら良いか分からなかったり、単に表現力が低かったり、捉え違えをしたり、
結構いっぱいいっぱいの3ヶ月だったなぁ。

けれど、またやりたいと思ッちゃうんだから、しょーがないよね。

それでは、しょーがないよね、そんな気持ちを見て見ましょう。

IMG_9967

IMG_9965IMG_9966

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed