児玉知道【キープオン!ブローイン!】サヨナラ福岡ワンマンライブ

馬出ブローインで出会ったすごいミュージシャンの中でも
本当に濃い時間を過ごさせてもらった一人が「児玉知道」くん。

リハーサルで彼の演奏を見て。
なんというか。その人柄が出るような演奏と歌に魅了されて。
一緒にやりたくなった。

 

その後も何度か。一緒に。
やるたびに僕の引き出しは開いてゆく。気持ちの良い発見が、ある。

一泊二日で8曲をレコーディングしたセッションも、本当に楽しかった。

 

>>>セッションの記事はこちら
「一泊二日レコーディング【児玉知道セカンドアルバム】に全面参加!」

 

この日はワンマン。
7月末で故郷山形へ還る彼。

山笠の集団を横切ってブローインに着くと、もう、満員。

彼には「彼の歌を聴きたい」と思う人がたくさんいる。
僕もその一人。

2016-07-09 19.19.50

 

前回のワンマンでは、レコーディングの後だったこともあり、僕や田代君も参加しての賑やかでカラフルな二部構成だったんだけど。

今回は一人。
福岡へ来た時と同じように、一人でやり切りたいんです!と言っていた。

全、何曲だったのかわからない。
でも、
鮮やかな墨で書かれたデッサンのように、力強くて、暖かくて。
彼のギターと、彼の歌だけで、もう何もいらない。

美しいギターと、旅の歌。
僕はこう思うんだ!と押し付けるのではなく
かといって、(僕のように)物語に逃げ込むのでもなくて。

自分の主義と、主張と。自分以外の世界の主義と、主張をうまく混ぜ合わせた歌。
熱いんだけど、嫌じゃない。
傷を見せられるんだけど、つらくない。

歌われる希望には、少しばかりの影があり。
でも明日を信じることをやめないし、辞めるつもりもないよ。
風の香り、水の音。
ガタンゴトンと線路の音。
雨に打たれた猫の姿。
そして、生活の音。
いろんなものを見せてくれてありがとう。

 

 

楽しい時間を一緒に過ごせて嬉しかった。

僕をギタリストとして成長させてくれてありがとう。

今度は山形で、会おうよ。

 

こんな風に、新しい友達ができる。音楽の嬉しいところだね。
でもさ、少しさびしいよ。

 

2016-07-09 19.20.35

 

>>>児玉知道インタビューはこちら





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed