五線譜のラブレター DE-LOVELY:感想【愛し方愛され方。どんな愛にも苦悩とハッピーが】

 

五線譜のラブレター:大好きなソングライター「コール・ポーター」の伝記映画。

とはいえ彼の曲は好きだけど、どんな人かは全く知らず。
パリで、ハリウッドで活躍した音楽家だと思ってた。

同性愛者でもあり、リンダ・リー・トーマスという女性と結婚もしていた。
彼女を愛して入るけれど、下半身のゆるい、パーティーマンだったんだなあ。

220px-Coleporter

 

優れたアートを生み出すひとはきっと、何かを捨てているんだろう。
もしくは生まれた時から持ってなかったのかも。

彼女リンダを、これまた大好きな顔のアシュレイ・ジャドがやってるんだけど。
素晴らしくいい。アイロンで作るくるくるの前髪がたまらなく好きだ。
エレガントで頭が良くて、気が強くて。
最高な女性なんだけど、よく言う「幸せ」だったかどうかはわからない。

コール・ポーターは彼女を愛し、支えられ、だけど支えることはなく。
チャンスを作ってもらったり、そのチャンスに乗っては、壊す。

51YG1D04F1L

五線譜のラブレター:ヒットチューン満載のミュージカル仕立て

字幕付きの歌詞を初めてしっかり見たけど、本当にいい歌詞。
メロディーももちろんだけど、ポップでウィットに富んでて、歌詞だけでも楽しめる。

カーペンターズやビートルズもいいけれど、コール・ポーターをカバーするともっといいんじゃないかなあ。現代のアマチュアミュージシャンたち(笑)

この映画にもエルビスコステロやらいろんなミュージシャンが登場しては、ただのコール・ポーターファンのように歌い踊っていた。

ビギンザビギン
ラブフォーセール
アイラブパリ

かっこいいし、有名な曲。

 

220px-De-LovelyPoster

ただこの映画での音楽の使われ方は少し変わっていて。

老人のコール・ポーターが、自分の半生を題材にしたミュージカルを見る、という作り。
ちょっと「トットてれび」的な味わいもあった。

待ち受ける悲劇に向けて物語は進む。

老人は表情をなくしてゆく。
無数の悲しみと後悔が、彼から表情を奪い取る。
もしかしたら、年をとるというのは「心を閉ざして思い出を守る」戦いなのかもしれない。

 

愛こそ全てとはいうけれど、それだけじゃない。
愛は傷つけ、壊してしまう。

 

人は無くなっても、素晴らしい曲は残る。

僕も負けないように残したい。
でも、僕の人生には「悲劇」がないから、無理かもな(笑)

o0430026112998390491

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed