イベントをやり遂げる。音楽を届ける。ゼロから何かを作り上げる。

7/12日

最近交流を深めてる「ザ・エンタメ」主催のおさかさんと、福岡のインディーズ音楽シーンを、もう何年も、十何年も見続けてきたマーチン氏の共催「薔薇と向日葵」を見に行った。

ライブレポと、そのあと少しの時間インタビューをしに。

詳しくはこちらをお読みください。

 

>>>三ヶ尻愛美【溜まってゆく夜のフィルムを剥がすグルーブ】

01-04

 

>>>佐藤瑛【可憐なワンピースでは隠しきれない作品至上主義】

005 13.16.50

 

>>>渕ノ上愛実【ぶつかりながら愛する。不器用だけど誠実な歌】

03-01

 

イベントを作る。演者を集め、場所を決め、交渉し。
告知し、集客し、当日をやりこなす。

僕らが楽しむために、おさかさんやマーチン氏は働く。
彼らを動かしてるものは何なんだろう。

アーティストはいわば「エゴ」。
誰かを楽しませるという自己満足も含め、自分のためにやっている。
自己実現のために血を流す。
成功の果実を手にするのは、一見、アーティストだけ。

 

エンタメのおさかさんとは、最近ずっと話してる。
迷ったり、自信をなくしたり、喜んだり。
でも、その場所で輝いてる。

何かをやるには、誰かが必要。

やる人間になる人、その人たちにとって必要な人になる人。必要な人でい続ける人。
どれも簡単じゃない。
でも、彼らはやる。
いろんな悲喜こもごもがあるだろう。
でも、それを全て吹っ飛ばし、自己の喜びに変える能力が彼らにはある。

 

個人が個人として「個人の幸せのために努力する」ことが、できにくくなるかもしれない時代。
自己を犠牲にして、国家、組織、常識に尽くすのを美徳とする時代が足音を立てて近づいてる。

何かをやる人間は、そういう人たちにとって「うとましい」存在なんだろう。

 

でも、どんな時時代が変わっても、少数派になったとしても。
人は夢を見る。
夢に近づく努力をする人がいる。
理想を掲げて、バカだの何だの言われながらも進む人がいる。
そして協力者もいる。
必ず、いる。

 

終演後、マーチン氏と少しだけ話した。
ずっと福岡のインディーズ音楽シーンを見てきた彼の言葉は、少ないけど、重みがあった。
全国を飛び回り、爪痕を残してるこの日の3組のアーティストたちを、温かく見守る目線と、次の世代、次の時代への橋渡しへの期待を持っていた。

何かをやってもらった人は、誰かに何かをやってあげられる。
大切にされた経験があるから。
愛された記憶があるから。
やってくれた人に直接恩返しは出来なくても、次へ次へとその人の願いをつ会えていくことはできる。

今、幸せな人よ。
その幸せを次の世代も感じられるようにつなげていこう。

今、いろんな活動をしてる人よ。
次の世代も、自分の考えで活動できるような世の中をつくろうよ。

00

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed