ライチ光クラブ【若々しいキャストが再現する漫画の世界】

大好きな漫画家の作品の実写化。
古屋兎丸が伝説の舞台を漫画化したものらしい(大元の舞台は知らない)
これってハードル高いよね。小説の映画化よりもっとハードルが高い。
だって「絵」がそこにあるし。絵はさらに見る人に「声」まで届ける。
見た人それぞれが自分のキャラクターを創造してる。
キャストに文句がない!ってことはほとんどない。

でも。
映画の出来としてもまあまあ面白かったけど、キャストの再現率に関しては★五つあげてもいい。

キャストはほとんど知らない人。だからこそいい。中でも「中条あやみ」は素晴らしい。まんがそのまんま。顔が似てるってことはないのに、存在感が漫画。

tumblr_inline_nuvs9bDRAl1tzxm6j_1280-640x533

 

大人になることを拒絶した少年たちが作った秘密クラブ。スモッグにまみれた汚い町は大人の象徴で、でもその街を出ていくわけでもなく「汚いものを統治する・君臨する」と考えるところがまさに浅はかなんだけど。
その底の浅さが、まさに男子。メンズワールド。

「おれたち仲間だよな!」

ほんとにばかばかしいし嫌いだったから、そういう団体に属したことはないんだけど(笑)そういうメンズソサエティは萌えるらしい。

いきなりライチを燃料としたロボットを作ったり、拷問して殺したりなんていう荒唐無稽な、夢想に近いお話を、まじめにしっかり作ってる。

さらに美しい女の子をさらってきて、美の象徴として福音をもらおう!なんて大笑い。

 

14歳なんて性欲の鬼みたいなもんだ(笑)それが縛られた女の子に欲情せずに生きていける訳はない。
男の子たちの夢の国が、美少女のスカートからのぞく膝によってもろくも壊れさる。
髪の毛のニオイ。胸のふくらみ。
そりゃもうひれ伏すしかないよね。
少年愛や機械愛に満ちた描写も楽しい。

news_header_litchhikariclub_20151228_02

はじまりは、純粋な夢想。
それが組織になることによって、共同幻想を徹底させ、私たちは家族だ!鉄の掟だ!なんていうサラリーマンワールドになりさがる。
カリスマはもろく、欲望は強い。
個人が個人で生きることを忘れた団体は、身内の裏切り者を探していく。
疑心暗鬼。
ああ、よくある話だね。
最近体験した(笑)

それにしてもキャストはみんな若くて、素晴らしい。
結構大変な撮影現場だったろうに。
作ってるのは当然オトナなんだけど、この映画自体が少年の夢想なのかも。

もともとが舞台劇だったからか、ほとんどが基地のなかのシーン。
青白い少年たち。
そこに美しくさく中条あやみ。

男子が女子に勝てるわけない。

eb2ed2e5e57147eb20369038521ae01f-640x426





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed