対馬観光PR展in福岡【博多駅でacaneさんサポート・2ステージ】

博多駅で、オープンエアで演奏。
ギターを弾く。

考えただけでも気持ちよさそうじゃないですか。
しかも、海産物に囲まれて(笑)

時間をやりくりして、参加しました。
ざざざっと雨が降ったり、カンカン照りだったり、面白い天気の中。

2016-08-30 17.47.32

 

acaneさんとのライブは、三回目。
過去の二回は僕のヤイリくんと相性が悪かったので、ギターの選択が難しかったけど。
今回は初めてのガットギターで。
ギターサポートで3曲、オケで2曲という構成でした。

1曲め、3曲めがスローナンバー。
2曲めが二人で作ったシークレットという曲。
そのあとオケの2曲になるんだけど。

最初のステージを
ギタープレイヤーとして会場を感じてみると
ちょっとおとなしすぎる気がした。
ううむ。ちょっともう少し盛り上がる感じにしたほうがいいかなあと、幕間で考えてたら、acaneさんから

 

工藤静香の「慟哭」をやりたい!

 

という提案。彼女も同じ空気を感じてたのかも。
もう少し、盛り上げたいという気持ちが伝わった。

3曲の構成をどうするか?
オリジナルの「シークレット」と「慟哭」はかぶり気味だから、オリジナルを外して入れ替えよう。
カバーの「手をつなごう」は彼女がずっと歌ってる曲だから、やりたいだろうし。
でもスローな「いつかまた」はCDに入ってるし、セールスプロモーションも兼ねてるから外せない。

う〜む。と考えてるとひらめいた。

 

「いつかまた」を軽いレゲエにしよう。と。

野外フェスでは軽いレゲエはなじみがいいはずだし。ちょっと弾いてみて歌ってみると、歌自体の譜割はほぼ変わらず行けそうだ。よし。

 

「acaneさん。レゲエでやろう」

 

もちろんやったことはないし、「え?」って感じあったけど。
「歌は変わらなくていいから。こっちが変えるから。お客さんを少し揺らせよう(笑)」

で、セカンドステージ。
日も暮れて、いい雰囲気。

2016-08-30 19.53.14

 

歌の入りが少し、難しかったかもだけど、

レゲエアレンジの「いつかまた」やってみました。
いい感じの揺れと、バイブレーションと、ナチュラルな手拍子で、フェスぽくなったんじゃないかな?

今回だけの特別バージョンでした。

2016-08-30 19.56.01

 

ライブはその場で修正がきくから楽しい。
ソロだったら自分が変えればいいけど、ユニットやバンドだとちょっと難しい。

acaneさんは、そのへんしっかり理解してくれて、うまいこと乗ってくれた。
アイデアはそのままじゃ空想だけど、具体化してくれるアーティストがいるから嬉しいね。

 

夏の終わりの博多駅。
とてもいい時間を過ごせました。

2016-08-30 16.17.22

 

お疲れ様でした〜〜〜〜!!

2016-08-30 21.20.46





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed