gigiを知らない若者たち~福岡文化の源流で~

gigiで、ライブだった。
それも、いつものgigi主催の投げ銭ライブではなく、このごろ一緒にからんでる「ザ・エンタメ」の持ち込み企画。

20代の若者を中心としたザ・エンタメ。
当然、gigiの歴史を知る人は少ない。よしえさんのことも。

 

そんな若い人たちが、音楽を繋いでいる。
ふしぎな温かさが漂ったイベントだった。

赤いカーテンのむこうはまだ夕暮れ。
台風がくると身構えたのにすっかり肩透かしだった9/6。

おいしいカフェご飯と、コーヒーで出番を待つ。
ライブのできるカフェ、というレベルじゃないマスター順次さんの音作りとセンス。
いつも調整しにくいギターを、ばしっといいおとにしてくれる。

 

ザ・エンタメの、きのうの出演者は4組。

最初は「ホージュくん」

2016-09-05 19.23.02

眼鏡と短パンで作られたイメージどおりの、すこしななめからの世界の見方をおしえてくれるうた。
眠くてたまらないのに、頭の真ん中の奥の奥が覚醒してる感じ。
つるっとした歌声。
ときどき爪先立つすがたは、見えない糸でひかれてる操り人形のよう。

ぼくのCD「96エーカーの森」をご購入いただき、さらに宣伝までしてくれた。

 

次は「林一穂」

2016-09-05 19.48.11

とにかく、最近聞いた中で一番のインパクト。
山口県からやってきた、眠れぬ天使。

彼女のつくるうたは、ほかのどこにもない。
夜中のディズニーランドのような歌の源は、リアルな生活かららしい。
その作品たちの謎をもっと解きたいのだけれど、彼女はあまり話してくれない。話すのはとても苦手なようだ。
憑依系とか、劇場系とかあるなか、浸食系とよべるんじゃないだろうか?
この日のliveも大好きで。もうお腹いっぱいだった。
今日、いちばんgigiの香りがしたアーティスト。

 

その空気をすっと現実に戻してくれたのは、ぶっちこと岩淵くん。

2016-09-05 20.19.27

19歳大学生。今感じたものを、感じたまま出す。
大きな音で鳴らすギターは彼の迷いをふきとばす武器なのかも。
ぼくにはまったくできない「自分自身をさらけだす」うた。

彼のやってるブルービーというバンドもなかなかかっこいい。
ある意味、究極のマゾかも(笑)

 

ぼくは最後。
若者たちにうけるような明るめの曲を用意してたけどやめた。
どっぷり暗くて、コミカルで、かわいくて、あまい曲で攻めた。
どんなときも「相手に合わせる」自信があったんだけど、きょうはgigiに合わせた。
そう。自分の色で、自分らしくやる。
それがgigiのたましい。

2016-09-05 18.41.38

 

ライブのあと、いろいろと話した。
音楽と関係ないことも、あることも。
キャバーンビートの町田さんや、一緒にライブをやってるacaneさんや
これからのプランや、夢の話。

gigiの空気が、ひとをしゃべらせる。

一昔前、なんの活動もできてないころ。
僕をひろってくれて、ソロで出演させてくれた今は亡きよしえさんに感謝するとともに、まだまだつづいていく音楽の旅と、文化と、アート。
その源流のひとつ、gigiに、新しい顔を紹介できたことをうれしく思う夜。

2016-09-05 23.01.14





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed