ドローン・オブ・ウォー:感想【モニターの中の戦争が生活を侵食する】イーサン・ホークの終わらない憂鬱。

ドローン。

なんとピッタリとした言葉。
音も立てず飛んでいく。感情の起伏もなく。

 

戦争は世界一の産業で、世界一の技術を磨く場所で。
人は、人を殺すためならなんでもする。
人は、人に殺されないためならなんでもする。

 

自分たちが神に選ばれた子供達だと信じる人たちは、他の神を許さない。
他の神を信じるものは、自分たちが築き上げた文明を破壊しにくる。
だってほら、僕らのバベルの塔は潰されたじゃないか。

9.11以降の世界は
弱者VS強者の世界。
弱者の戦いは「テロ」と言われ、強者の戦いは「グッドキル」と言われる。

677ec6ab

しかも、強者は無人戦闘機を砂漠に飛ばし、見えないところから「武装しているであろう人たち」を吹っ飛ばす。

飛び散る肉片はモニターの中にしかない。
火薬の匂いも、爆音もない。

 

自国の兵士が死なず、敵国の兵士は吹っ飛ばす。
まさに神の手。

ただ、現場の兵士たちは、一昔前のリアルな戦いでない、一見架空の「戦い」に慣れない。
圧倒的有に立って、エアコンの効いた部屋で人民を吹っ飛ばす。

 

3.2.1.ライフル!

ぼ〜〜ん。

死体を数える。うーん。バラバラでよく分からないなあ(苦笑)

そんな戦闘に耐えられなくなるのも当然。

drone-of-war_01

 

主人公のイーサンホーク。またまた憂鬱を抱えてる。

毎日、戦場へ「通勤」する彼。
本当はパイロット。
人を殺したいのかどうかは知らないけど、空を飛びたい。
もう一度、戦闘機に乗りたい。

自分の一番愛した仕事と、少しだけ似た仕事につく。
それだけでもモヤモヤするのに。人殺しの仕事だ。

壊れてゆく感情。
家族。

 

兵士を戦場に出すと、死ぬリスクがる。
ドローンでの戦いは死者が出ない。一見。
でも、戦場と通常の日々が隣り合わせになってるストレスは?

軍需産業の利益に比べると、退役軍人や兵士の心の傷の治療費なんてわずかだから、いいのか。
資本主義万歳!

GOODKILLをジーザスは評価してくれてる。

20150929104826





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed