きみに読む物語:感想【目の覚めるような美しいシーンで綴られる一生の恋物語】

 

きみに読む物語:珍しく核心をついた邦題

あのグロリアのジーナローランスが真っ赤なスーツで美しい。冒頭のシーン。
読み聞かせをするおじいちゃん。

「生涯でたったひとつの愛」についての話をする。

時代はさかのぼって、戦前。
この時点でお話はほぼ見えるんだけど。
そんなこと関係ないくらいに引き込まれる。

映画はストーリーだ!と確信してるけど、
ネタバレしたってこんなに力強い映画ができるんだ。

garner21n-1-copy

きみに読む物語:レイチェル・マクアダムスのイラっとする可愛らしさ

かわい子ぶってるていう意味じゃない。
17歳の「なんとなく頭にくる」行動とか
少し大人になった後もイラッとさせるとことか。
自分の気分や意思で周りを巻き込んでいくんだけど、それが本当にストレート。

泣いたり怒ったり殴ったり、歓喜の声をあげたり。
深みのない若者らしさを出してて、それがジーナローランスになるんだなあと。

服装や髪型など、本当に可愛いし、
出てくる車とかも可愛いし。
作り上げた家や家具も本当に可愛いし。

どれも素晴らしい出来。

hqdefault

 

きみに読む物語:拒絶と裏切りに耐えるライアン・ゴスリング

ライアン・ゴスリングはかっこよくない。
貧乏で、「クズ」だと言われる役。

デートに誘って無視されても
喧嘩しても、
彼女が去っても、耐えて待つ。

いやあ、執念深い。
肉体労働者に娘はやらん!と猛反対する両親。

その辺も「そうだろねーやっぱ金持ちはさー」なんて見てると、ビシッとやられてしまう。

若い二人も素晴らしいけど、老人たちの演技と存在感が素晴らしい。
本当に号泣よ。
若さなんて、本当つまんない(笑)
老人の凄みとかっこよさが溢れた映画。

 

きみに読む物語:美しすぎるシーンに鳥肌が立つ

article-2693929-1fad02b600000578-185_634x327

このシーンに切り替わった時。
ゾゾゾっとした。
見てみるといいです。
こんなにゾゾゾと鳥肌が立ったシーン(いい意味でね)は初めて。かも。

この数え切れない白鳥たち。
実は卵から集めて、ボートを怖がらないように育てたのだそう。

 

まじか。

そのくらいやらないと、このシーンは撮れないのかもだけど。

夕日の中を飛んで行く鳥。
「きたところへ帰るんだ。」

人が来たところって、どこ?
生まれる目の世界に帰ることが「死」なのか?

 

きみに読む物語:是非、ご夫婦で。

初恋は消えてしまうもの。
でも一生続くとしたら?

いろんな分かれ道で、正しい道を選ぶのは大変。
でも、「自分にとって正しいと思える道」を歩き続けるリスクと、その先に待つかもしれない幸せ。

でもさ、選んでる時は、どっちが来るかわからない。

信じて、進む。
途絶えても、諦めない。
奇跡を願う。

強くて
優しくて
美しい童話。

514y83sfthl

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed