COMET/コメット:感想【脳内妄想男の自分勝手な恋愛劇】

 

コメット:自意識過剰な男と女。彗星の夜に恋に落ちる。

まあ、見る気起きないよね(笑)

これってジャケに「パラレルワールド的なSFぽい」ニュアンスが書かれていて、「最近、食わず嫌いをやめよう」と思ったのもあって借りてみた。

恋の始まりから終わりまでの6年間を時系列ぶった切ってつぎはぎする。このスタイルの映画って正直もう限界値。

特にこの映画は外見の変わりようだけで時代を変えて行くんだけど、変わっていく時系列がわかりにくくて、頭は使うけどつまらないという救いようのない映画。

でも、

面白いシーンも幾つかある。

t0020466q1

 

これ、パラレルにしなきゃ、きっと主人公の心の変化が面白かっただろうなあと。
女優さん(エミー・ロッサム)はいい感じだし、男(ジャスティン・ロング)はムカつくだけのクソ野郎だし(笑)
基本の線はいけてるんだよなー。

ただ、おしゃれ映像とおしゃれセリフの応酬で、どんどん興ざめる。

でも、

グッとくるシーンもある。

 

指輪をわたせないところか。この映画の中で一番求心力があるシーンだった。

comet-00_34_19_08-1

 

まあ、ある層には着実にヒットするだろう映画だとは思う。
腹立たしい男が苦手な人には無理かも。

僕は案外、彼に、共感した。

 

嘘がつけないのとはちょっと違って、過剰に考え、過剰に反応する。
素直にものをいうタイミングがわからない。
世の中をバカだと思ってる。
自分を知性派だと思ってる。それはそうでもしなきゃ怖いから。

世界が怖い。
変化が怖い。

 

そんな自信過剰でわがままな男が、こちらも少しねじ曲がった女の子とうまく付き合っていけるのか?

その観点から見たら、すべてのおしゃれ興ざめセリフやシチュエーションもコメディとして観れるかも。

9c4ec855-s

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed